Skip to content

インドネシア語検定B級とA級

2014年10月1日

お久しぶりです。就職活動について詳しく書くといいつつ、いつの間にか半年近く経っていました。すみません。

今日の題にもありますように、二週間前、インドネシア語検定B級とA級の二次試験(口頭試験)を受けて参りました。

IMG_1602.JPG

結果の報告、試験の流れ、使用された記事の原文について書こうと思います。

まず結果ですが、
B級は合格しました。
受検者得点 81
今回の合格点 75
項目 音読 質疑応答
受検者得点率(%) 92 77

A級は残念ながらダメでした。
受検者得点 62
今回の合格点 75
項目 要約 質疑応答
受検者得点率(%) 68 60

自分の手応えとしては、B級の方が自信がなかったのですが合格していたということは、採点基準がA級ではより厳しいのかなという印象です。

先に受験したことのある仲間から聞いてはいましたが、この検定の残念なところの一つとして、試験官が日本人であることがあります。発音も採点項目にあるようですが、日本人に採点されるのはあまり気が進まないのが正直なところです。

次に、二次試験の流れを説明します。
B級
1. 面接会場には、係員の指示で一人ずつはいる。
2. 面接室では試験官と係員がいて、その前に受験者の椅子、および荷物置き用の椅子が用意されている。
3. 入室したら、まず、試験官に向かって自分の受験番号と姓名をインドネシア語で言い、係員に地図の書いた二次試験案内を渡す。
4. 試験官からインドネシア語で着席するよう指示される。
5. この後、係員から指示があり、インドネシア語の短い文章が書かれた紙を渡され1分間黙読する。
6. 1分後、指示があり、その文章をはじめから最後まで音読する。
7. その後、試験官より、文章の内容に関連した質問を5つインドネシア語で質問されるので、インドネシア語で答える。このとき文章を見てもよい。
8. 自分の意見を述べる5番目の質問の解答の制限時間は2分間。制限時間より極端に短かったり、超えると減点。
9. 質疑応答が終わると、その旨、告げられるので、退室する。この後、控え室に戻ったり、待機中の受験者と話し合うことはできない。

A級
1. 面接会場には、係員の指示で一人ずつはいる。
2. 面接室では試験官と係員がいて、その前に受験者の椅子、および荷物置き用の椅子が用意されている。
3. 入室したら、まず、試験官に向かって自分の受験番号と姓名をインドネシア語で言い、係員に地図の書いた二次試験案内を渡す。
4. 試験官からインドネシア語で着席するよう指示される。
5. この後、係員から指示があり、インドネシア語の短い文章を録音音声で2度聞く。この間、メモを取ってもよい。メモ用紙と筆記用具はあらかじめ用意されている。
6. 録音音声を聞いた後、その内容をインドネシア語で要約するよう指示があるので、インドネシア語で簡単に内容を述べる。制限時間は2分間。2分経過すると話の途中でもやめなければならない。
7. その後、試験官より、録音音声の内容に関連した質問を5つインドネシア語で質問されるので、インドネシア語で答える。
8. 自分の意見を述べる5番目の質問の解答の制限時間は2分間。制限時間より極端に短かったり、超えると減点。
9. 質疑応答が終わると、その旨、告げられるので、退室する。この後、控え室に戻ったり、待機中の受験者と話し合うことはできない。

以上が流れの説明でした。

そして、実際に使われていた記事の原文のリンクを貼ります。原文をそのまま使われているわけではありません。試験では難しい単語を足したり、文章を短くしてあったりします。

B級
http://m.kompasiana.com/post/read/608931/3/sedekah-bumi-pertahankan-tradisi-dan-eksistensi.html

A級
http://nusaonline.com/2013/11/peluang-perempuan-di-dunia-politik-masih-terbuka-lebar/

今回のA級不合格を踏まえて、今後するべき対策を書いておきます。
1. kompasやTempoの一つの記事を音読しながら一回で理解できるようになる。
2. 理解しつつメモの取り方を工夫し、そのメモに基づいて要約を話す。それを録音しておく。
3. 録音音声と記事を見比べて抜けている部分を確認する。
4. 試験に出る文章は、10ヶ月程度前の記事から選ばれているようなので、その時期の記事を使って勉強する。読んだことある文章なら確実に合格できる。

最後になりましたが、4月からは京都府庁で働くことになりました。ジョグジャカルタと姉妹都市協定を結んでいる京都ですが、インドネシア関係の仕事ができる確率は皆無でしょう。しかし、今後も何かしらの形でインドネシアに関係を持ち続けたいと思います。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。