Skip to content

京都(27)

2013年8月23日

昼過ぎまで小川さんのアパートで寝て、六甲駅で朝飯を食い、小川さんとお別れして京都へ帰った。カフェでインドネシア語と英語を勉強し、夕方にインドネシア語を教えるバイトの面接へ。他に、社労士、韓国語、イラストレーターのコーチ志望者と一緒に面接を受けた。結果は来週。

今日は、Kompas誌からAbnonというイベントについての記事を一本。Abnonはインドネシア語略語辞典によると、「ジャカルタの市記念日に毎年行われる生まれながらのジャカルタっ子でジャカルタの風俗、習慣に合った若い男女を選ぶ恒例のコンテストの略称」である。

Jokowi知事、Abnon JakartaのファイナルをJCCからMonasへ移す

2013年7月1日

各地域からJoko Widodoジャカルタ知事へAbnon Jakartaファイナリスト紹介の開会式の雰囲気

JAKARTA, KOMPAS.comによると— 昨年は豪華な会場で行われたAbnon Jakartaのファイナルの夜であったが、今年は少し違う。ジャカルタ知事のJoko Widodo氏は会場を国家記念塔(Monas)へ移すことを計画している。「以前は、ホテルなどの豪華な会場であったらしいが、今回、私はもっと民衆に近いものをにして欲しい。ということで、Monasの屋外ステージで行って欲しい。」とJokowi氏はAbnon Jakarta 2o13の開会式の際にジャカルタの知事官邸にて述べた。
Jokowi氏はAbnon Jakartaの選考を民衆たちに直接見てもらいたいという。そのため、Monasの野外ステージで開催するだけでなく、Jokowi氏は各地域に対してサポーターを参加させるようにと要求している。「わたしは、1000名の観客が来場することを望んでいる。また、ジャカルタ東部から2000名、ジャカルタ中心部からも2000人集客することもできるだろう。仮に、イベントの締めで、拍手するものさえいなかったら、どうなるだろうか。」とJokowi氏はいう。Abnon JakrtaというのはBetawiの文化を保護するという取り組みで、ジャカルタの地方自治体により行われる才能や知能を競い合うイベントである。このイベントの開催はジャカルタ首都特別地区(DKI Jakarta)の設立記念日に合わせられている。2013年、6地域から1854名の参加者が登録した。この数字は昨年の1467名より21.06パーセント上昇している。この全員から、18組の男女がファイナリストとして選抜された。昨年と異なるのは、最終選考の夜もイベントがSenayanのJCC(ショッピングモール)に行われたが、今年は7月3日に、Monasの東側広場で行われ、入場者に入場料は科されない。盛り上げるために、Gambir市場の市民まつりも同時開催される。

7月にこのようなイベントがあったことを知らなかった。どんな男女が選ばれたか気になるところだ。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。