Skip to content

Jogjakarta (537)

2012年11月25日

Jeparaから帰ってきました。そして今日も2個解体。一人だと一日3個が限界なのが辛い。調査がなかなかハードなためか体重が激減(調査開始前から約5kg減)。とはいえインドネシアに住み始める前の体重に戻りつつあるだけではあるが・・・。あまり痩せると抵抗力が落ちるらしいので頑張って食べることをここに宣言します。

R0051310

Jeparaでお世話になったおうちの畑。パパイヤばっかり。

Jeparaは中部ジャワの北海岸に位置するが住民たちの話によると、この土地のフルーツ(特にジャックフルーツとドリアン)はほかの土地のものと異なるらしい。どういう風に違うのか尋ねるとミントのようなピリピリとした刺激を伴うという。またこの土地のジャックフルーツは成熟すると内部からの圧力に果皮が耐え切れず、割れてしまうらしい。実際に今回取ったサンプルにも割れているのがあった。ドリアンは果実が小さいが香りと味が異なるためジョグジャで売られているモノより100円程度高い。

R0051311

この街は古くからの生業として木材彫刻が有名である。その伝統を守るために中学校の卒業制作で全員が1作品を完成させなければならず、不合格だと留年もありえるらしい。えらい街や。

R0051419

ドリアンの幼果。かわいいもんだ。

Jeparaではもう少しゆっくりしたかったがいつかの楽しみに取っておくことにして観光は全くしなかった。というか時間的余裕がなかったのでできなかった。

一時帰国まであと17日。帰るまでにできるだけ多くのことを片付けて帰ろう。おー。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。