Skip to content

Jogjakarta (450)

2012年8月23日

R0026748

昨日はUGMの先生の家についていった。Cempedakの樹があると聞いていたからだ。

R0026729

これがCempedak。ジャックフルーツより葉が大きく。

R0026730

果実は小さい。

R0026736

葉っぱや果柄に毛が生えている。

R0026741

木化した果柄にも毛が生えていた。

ジャックフルーツのなかにも毛の生えているものがあると読んだことがあるがまだ見たことはない。Cempedakと交配してしまったことがあるものかもしれないと思った。

今日はインドネシアでは仕事始まり。昨日まではほとんどの店がしまっていたので非常に生活しにくい状態だった。今日はちらほら開いている店も見られた。仕事始まりということで次のセメスターの授業料を払いに行った。予定では研究のパートナーになるおじさんに会う予定だったが仕事始めということで明日に延期された。

授業料を払いに銀行に行くと60.000ルピア(5000円程度)と言われ、おかしいと思ったのでUGMの事務に行ってみた。事務では会計に行けと言われ、またインドネシアのたらい回しパターンだと思いながら会計に行った。会計に行くと、ムスっとした係の人が銀行へもう一度行ったできるようにしたと言うので再び銀行へ。学費は1000ドルなのでルピアでは9.600.000ルピアになる。ATMで1日に引き出せるのは5.000.000ルピア。足りない。家に帰れば箪笥預金で十分な額がたまたまあったので一旦帰って、再び銀行へ。支払いが終わったので帰れるのかと思いきや、再び会計へ帰ってこいと言われていたのを思い出す。仕方なく再び会計へ行く。会計で登録して終了。

次のセメスターはほとんど授業はない。9月半ばからデータを取りに走り回るので必要なものを購入し、準備を進めなければ。

R0026708

ジャックフルーツ屋さん。

R0026723

病院の最終検診だったので病院で朝ごはん。クロワッサンサンド。病院なのに居心地のいいカフェがなかにある。たまに朝ごはん食べに来ようかな。

R0026727

Matoa(Pometia pinnata) 。

パプアの特産果樹。パプアでは果肉の質感によりMatoa kelapa (ヤシMatoa)とMatoa papedaに分けられる。Matoa kelapaはRambutan aceh (アチェランブータン)のように果肉に弾力があり、果実はMatoa papedaより大きい。Matoa  papedaは果肉が少しふにゃふにゃで粘りがある。

R0026742

Cincauというお腹にやさしいゼリーの材料になるつる性の植物。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。