Skip to content

Jogjakarta(314)

2012年4月6日

また更新を怠ってしまった。2学期目の中間試験が近づく中、まだ1学期の成績が8科目中4科目しか出ていない。どういうことか。出ている科目はほとんど最高評価をいただいている。なんやかんやで外国人として評価されているようだ。外国人にしては頑張ったな的な。まぁ落とされるよりはだいぶいいけど。

先日、GurahというジョグジャのImogiri地域の伝統的な治療を体験してきた。意外と学校の近くにあるというのは知っていたが、風邪気味でもなかったので入らなかった。今回は少し鼻水が出たりという珍しく風邪っぽい状態になったので試してみることにした。まず、Gurahの模様をYoutubeから。

自分の写真など取る余裕はなかった。激痛と嗚咽に涙と鼻水、唾液が止まらなくなって小一時間の地獄を体験した。

治療のプロセス

  1. なにかよくわからない刺激物の液体を鼻に注入される。
  2. 激痛と吐き気とともに涙、鼻水、唾液をバケツに吐きながらおっさんに首筋やら背中やらをナデナデされる。
  3. 鼻水を自分でフンフン言いながらバケツにドンドン出していく。
  4. ある程度出たら、鼻をかんだり、水でうがいしたり、水を飲んだりしながら、涙、鼻水、唾液を出し続ける。
  5. 鼻で息ができるくらい鼻が通り始めたらトイレでさらに鼻をかんで顔を洗う。
  6. あったかいみかん水を飲みながら鼻をかみ続ける。
  7. 落ち着いたら、温かいものを食べる。

これで翌朝までは鼻と頭に激痛を感じながら過ごすことになる。翌朝、痛みは消えるので総体的な幸せを感じることはできる。しかし、結局鼻水は2週間続いた後に治まったことから考えると

自然治癒しただけだと思われる。

一緒に行ったS2仲間のイクコさんと、もう一生いかないという意見で一致した。イクコさんはまだ鼻水が止まっていないようだ。

広告
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。