Skip to content

Parigi(53)

2011年7月19日

 Parigiは中部スラウェシの田舎である。中部スラウェシではキリスト教とイスラム教の争いがまだ続いている地域もあるため、警戒していたがParigiでは問題がないようである。

R0012321R0012326R0012332

 今日は朝からPasar(市場)へ。スラウェシでは魚が中心の食事になる。魚たちは非常に新鮮なので種類によっては刺身で食べられる。また安価で、4,5匹の魚が1セットにされて300円程度であった。マグロの切り身も100円でトロの部分が購入できた。今日はマグロの刺身だった。まだ、インドネシア生活2か月に満たないが刺身はかなり懐かしく感じた。柳井君が持ってきたわさびとしょうゆとともにいただきました。

R0012368R0012369

 隣家にあったMangga daging(肉マンゴ)。果肉が多かった。甘酸適和でおいしかった。

R0012353R0012363R0012364

 Nangkaも撮影。このように袋がけしてあることも多い。

R0012367

 Jambu(グアバ)の盆栽。果実も葉も通常のものよりかなり小さい。

R0012380R0012383

 朝食をとり、海へ。カニを捕まえた。ゆでて食べることに。Dabu dabu(トマト、唐辛子、スダチのようなカンキツの果汁からできた調味料)をつけて食べるとさらにおいしかった。

R0012389R0012390

 海の家の近くにはKetela(キャッサバ)が大量に植えられていた。海岸地域でも生育できるとは思わなかった。

R0012398

 サイチョウ?オオハシ?

R0012416R0012429

 小舟でマングローブの島へ。初めてマングローブの林を見た。マングローブは酸素不足を防ぐために様々な形の根を持つ。①タコ足のような「支柱根」、②膝を屈曲したような「膝根」、③タケノコのような無数の「直立根」(写真)、④板状に広がった「板根」など、さまざま形状をした根が酸素を吸収して、酸素不足を補っている。

R0012438R0012445

 夜は市場でNangkaを丸ごと買った。800円。

 ここにいるうちはWiwiのお母さんの猛烈なもてなしにより、空腹になることはなさそうだ。すべておいしいので、有難くいただきたいが限界がある。ごちそうさまです。

広告
2件のコメント leave one →
  1. 2011年7月17日 5:44 AM

    渡航するや色んな街にいってるけど、目的は研究なん?観光?

    そういえば検定ジャカルタで受けへんの?って今日やけど

  2. 2011年7月17日 7:04 AM

    残念ながら目的は観光です。今月、来月中に帰る日本人に便乗している状況です。常にNangkaの樹の位置をGPSで記録することはしていますが。みんなが帰ったら本腰入れていきます。
    今回の検定は受けませんでした。来年の7月には受けようかと思っています。今受けてもB級はとおっても、A級は不可能だと思うので。今回は柳井君がC,Bのダブル受験してます。彼はとおると思われます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。