Skip to content

Makassar(52)

2011年7月18日

R0012212_thumbR0012213_thumb

 Makassar観光。Palu行の飛行機は昼からなのでホテル付近をぶらぶら。市民の足、「Pete pete(小銭という意味)」は路線図がないのでタクシーで移動。

R0012217_thumb

 ロッテルダム要塞。オランダが占領していた時代のもの。こういう建造物系はJogjaに住んでいると他の土地では、それ以上のものがないのでたいしたことなく感じてしまう。京都に住んでいたころにも同じことが感じられた。

R0012230_thumbR0012231_thumb

 要塞はしょうもなかったので、近くの小島へ行くことにした。2番目に近いSamarona島へ小舟で行く。1隻3000円でチャーター。高いような気もしたがほかにないので乗ることにした。こんな海岸ぶちにもNangka。まだ小さかったので果実はならないだろう。

R0012233_thumbR0012245

 波も小さく安全な約20分の船旅だった。 

R0012254_thumbR0012261_thumb

 海はジャワでは見られないようなきれいな海だ。シュノーケリングしたいところだが時間がないので島を一周歩いてみることに。

R0012275_thumb

 せっかくなので魚を食べた。Ikan kakap merah。日本での名前はわからない。R0012277_thumb

R0012284_thumb

 思いのほか魚を焼くのに時間を食ったので急いで空港へ向かう。

R0012286

 Eチケットをまた印刷してもらい、チェックインするためにいつものように持ち物チェックのゲートを通る。ここで出発30分前に到着していたので余裕だと思っていたが、まさかのハプニングが起こる。Maduraの塩が引っ掛かったのだ。塩は飛行機に乗せられないと言い出した。

検査の人:「これは多すぎるので駄目だ。」

日本人(我々):「SUrabayaからMakassarは行けたから、行けるはずだ。」

検:「そんなことは関係ない。」

日:「ダメな理由を教えてくれ。多すぎるからか?多すぎるなら何グラムまで行けるのか教えてくれ。」

検:「量は関係ない。」

日:「絶対おいて行かんぞ。何とかして乗せろ。」

…などという言い合いが続き、こちらが引かないので検査の人があきらめて「パッキングしたら持って入ってもいい。」といい始めた。パッキングには300円かかり、塩の価格を超える。私の塩はささっと足元に隠したので無事だったが他の二人の分はパッキングされ、300円とられた。

R0012288

 言い合いをしているうちに、いつの間にか出発時間5分前になり荷物を預けるカウンターが閉まってしまった。待合室に通され、「もう荷物を乗せるところを閉めてしまったから、最悪、夜の便に乗せよう。」という会話が聞こえてきた。どうしようもないので、待合室で隣に座っていたおじさんと雑談。このおじさんが大物だった。Makassarでモールを2つ持っていて、日本人の友達が来るときは航空券を取ってやるんだという。これは助けてくれそうだと思い、事情を話してみると空港の職員に友達がいるらしく、掛け合ってくれた。結局、飛行機自体の出発が遅れたため乗ることができた。おじさんの電話番号ももらったのでMakassarでUNHASの友達が忙しいときはお世話になろうと思う。

R0012301

 Paluで柳井君たちに会い、さらに2時間以上離れたParigiという田舎へ。ここにはWiwi(UGMの工学部)の実家があり、今回はそちらでお世話になる。山がかなり深い。Parigiではもう雨期に入っているらしく、雨が降っていた。

R0012305

 到着して、Maduraの塩を分けて土産にした。祖母手作りの和柄のカバンもお母さんに渡す。祖母からのカバンは非常に好評で友達の中には全部くれと言い出す奴もいるくらいだ。

R0012309

 今日はSalak(サラッカヤシ)を買った。果物屋の話によると色は関係なく、長いのがうまいという。試しに長くて色の薄いものと短くて色の濃いものを食べ比べてみた。反復はとってないので一概には言えないが、見分け方としてはあまりよくないという印象を受けた。それにしても京大で食べたタイのSalakは非常においしかったとインドネシアのSalakを食べるとつくづく思う。こちらのSalakは渋みがある(sepat)ので、大量には食べられない。

広告
2件のコメント leave one →
  1. 2011年8月2日 5:32 AM

    大物のおじさんと友達になれてよかったなー
    そうそう、そうやって力になってくれそうな人とはずっと繋がっていくことが大事よ
    俺がインドネシア行くときはShunちゃんにガイドしてもらおー

    空港やら役所やらは立場を傘に着て理不尽な要求や不親切をしてくるから、なるべくごね倒すようがんばりんさいよ。

  2. 2011年8月2日 5:53 AM

    こちらでは、いつどこで新しい出会いがあるかわからない面白さがありますね。高須賀さんはガイドなしでもどこでも行けるでしょ(笑)

    あきらめたら負けだと思い、ごね倒しました。結局、理由とかないのに言うてるだけのことが多いですしね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。